woman-792162_640

最後にキャバクラで使われる言葉について書いていきます。

■アリバイ
キャバクラで働いていることを身内などにバレないよう、普通の企業で働いているように見せかけること。
架空の給料明細や電話対応をしてくれる店もあります。

■ウェイティング
店が混んでいてキャストが足りない場合にカウンターなどでお客様に待ってもらっている状態のこと。

■オープンラスト
略して「オーラス」といって、開店から閉店まで通して働くこと。

■営業
入店時に決めたセットの時間を超えることで、これをしてもらうことが大事な目標の一つです。
延長するか確認する場合と自動的に延長になる場合があります。

■朝キャバ&昼キャバ
通常のキャバクラは深夜営業が出来ないので日の出からお昼、お昼から夕方にかけて営業すること。
仕事内容は同じですが大学の授業前に出勤したり、主婦の方が副業にしたりすることが多いです。

■乾き物
おつまみのことでナッツや柿ピーなど、お通しに近いもの。

■小箱
お店の席数が少ないので少人数で回している店のこと。

■スライド制
指名本数やアフターなどの回数が増えてお店の売上に貢献しだすと、段階的に時給やバック料金が上がっていく給与システムのこと。

■自由出勤制
事前に出勤日や時間を伝えて働くこと。
不規則な時間にしか働けない人にピッタリ。
ただしお客様が出勤日を把握しにくくなるので固定客が少なくなる可能性もあります。

■出張面接
お店には直接行かずにカフェやファミレスなどで面接を受けれるシステム。
最近ではほとんどのお店でおこなっています。

■場内指名
フリーで入店してきたお客様が店内で好みのキャストを見つけて指名すること。

■送迎
出勤時や帰宅時にお店が家などに車で送ってくれること。
有料と無料の場合があります。

■体験入店
略して「体入」といって、本格的に働く前に雰囲気を知るために1日から3日ほど働くこと。
給料は日払いの店がほとんどです。

■待機
お客についていない時間のこと。
ヘルプで呼ばれる時以外は営業メールなどを送っていると稼げるキャバクラ嬢になれます。

■当欠
当日欠勤の略でシフトを入れていたにも関わらず急に休んでしまうこと。
お店によっては罰金がある場合があるので気をつけましょう。

■七つ道具
キャバクラで働く際の必需品。
①名刺
②ライター
③ボールペン
④メモ帳
⑤ハンカチ
⑥化粧道具
⑦スマホ

■ハウスボトル
セット料金に含まれている飲み放題のお酒のこと。キャストはハウスボトルを飲めない店もあります。

■フリー
指名せずに飲んでいるお客様のこと。
固定客になり指名してくれるようになるかもしれないのでキチンと接客しましょう。

■太客
お金をたくさん使ったり毎日のように来店してくれるお客様のこと。

■マスコミ手当
テレビや雑誌などで取材されたキャストがお店から貰えるお金。顔出しの場合は金額が上がります。

■レギュラー
週5以上出勤してるキャストのこと。